院長・スタッフ紹介

院長紹介

患者さまの笑顔が一番

私は、大学受験直前に治療していただいた青木歯科の先生に憧れ、歯科医を目指しました。
受験直前なのに痛んで困っていたところ、的確に治療していただき、青木先生をとても格好いいなあと思ったことをいまでもよく覚えています。

当初は予防歯科の専門医でしたが、先代の院長から臨床の世界へと導かれた際、直接、患者さまの笑顔に触れる機会を得て、歯科医を志した気持ちを思い出した気がしました。
いまも、患者さまから「痛みが治った」「腫れがひいた」「噛めるようになった」と喜んでいただけると、自分のことのように嬉しく、また大変な励みになっています。

歯科医院に行くかどうか迷っている方へメッセージ

健康でいるために 歯を守ろう

「8020」運動をご存知かと思います。
これは、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」ということをわかりやすく言い換えたものですが、「若いうちからしっかり歯を大切にしよう」と同じ意味です。
年老いて、あるいは元気ではなくなったときに、歯がたくさんあるかどうかで健康でいられるかどうかに随分と差が出てきます。

自分の歯で、しっかり噛んで食べられるかどうか。
年老いたとき、自分の歯が残っているかどうかは、若いうちにしっかり歯のメンテナンスができたかどうかで決まります。
ですから、「いつも口の中は綺麗にしておきましょう」と、私たち歯科医はいつも声を大にしてお伝えしています。

それでも虫歯ができたり、不調になったりするものです。
不調を放っておいて、お口の中に雑菌があるままだと、ほかのからだの病気につながることもあります。
お口の中の不調が健康を損なう原因になるのです。そうなる前に、歯科を受診しておきましょう。

当院では、治療だけではなく、予防歯科にも精通しています。健康でいるためには、まずお口の中から気を付けましょう。

当院は、歯科に対する恐怖を取り除き、痛くない治療を基本に診療しています。
治療の前の問診で、気になることがあれば遠慮なくお申し出ください。

街の歯医者として活動中

当院は、地元・足立市民センターの健康づくりメンバーとして参加しています。
月に一度、「健康まつり」で保健師や栄養士たちと一緒に、“街の歯医者”の代表として地域の皆さまの歯の健康を守っています。
高齢か否かにかかわらず、どんな世代でも病気につながる口腔ケアに気を配っていただきたいと思います。
そのため、治療が終わったら、定期検診でご自分の口腔内の様子を知っていただき、健康を保っていただくようお話ししています。

定期的に検診を受けよう

「定期的に歯科を受診しない人は、年に1回以上歯科を受診する人の6.1倍の確率で歯周病になりやすい」という研究結果が報告されています。
歯の寿命を延ばすには、定期的な受診が欠かせません。
当院では、歯科検診、歯磨き、食習慣指導、予防処置などを行っています。

予防処置としては、機械的歯面清掃を行った後、フッ素などを応用した、DDS(ドラッグデリバリーシステム)を行います。
ご希望の方には、唾液検査による虫歯リスク診断も行います。

当院は、乳幼児からお年寄りまで、個個人にあった食習慣について指導します。
虫歯になりにくい食生活、歯周病によい食品などをご紹介します。

院長経歴

九州歯科大学 卒業
九州歯科大学大学院 卒業
口腔衛生学専攻(予防歯科)
熊本市保健所の歯科医として市民に対して歯科検診や口腔衛生について啓蒙活動。
その後、オズミ白浜歯科医院に勤務。平成16年、同院院長に就任。
福岡ベッグ矯正臨床会 会員
日本口腔衛生学会 会員

院長の趣味

社会人のビッグバンド「ニューアベベオールスターズ」でギターを担当しています。
ストレス解消は「ギラヴァンツ北九州」の応援です。徒歩で行けるスタジアムの竣工も楽しみです。

スタッフより患者さまにメッセージ

わが家のように寛げる診療室をめざして

当院には歯科衛生士2名が、優しく気さくに応対しています。
いずれも患者さまに親身に接しており、わが家のように寛いで治療を受けられると好評です。
お口のことで気になることがあれば、お気軽に来院ください。

  • オズミ白浜歯科医院 矯正専門サイト
  • 院長ブログ DOCTOR BLOG
  • スタッフブログ STAFF BLOG
  • 歯医者ガイド
093-531-0551 平日9:00~13:00 14:30~19:00 土曜 9:00~17:00 定休日日・祝、水午後